PROFILE
項目 答え コメント〜
生息地 大阪府大阪市南港
かもめ埠頭
♪♪海辺にバイクを止めたらぁ〜〜・・・
           錆るぅ〜〜!♪
状態 バツイチ
高校2年の娘と二人暮らし
のんびりやってます。素敵な嫁さん今でも検索中〜。
出身地 大阪府堺市 根っからの関西人
生年月日 昭和37年8月21日 気が付けばもうこんな年・・
ネット歴 8年 環境は良くなりました。
愛車(四ッ輪) 2001年; FIAT PUNTO
        アバルトルック

20万qを目前に散っていったDIAMANTEから代車で借りたディアマンテワゴン、コイツがダメでクルマ屋にねだって格安で譲って貰ったフィアットプント。
 ハンドルを握るとウキウキする根っから陽気な熱血イタリアンコンパクト。安グルマだけどそれはそれ?お気に入りの一台がまた増えた。
ハンドルネーム ぎょくろ
おきらくどらごん
ふぁるこん
おにい

 ぎょくろはお茶。
固まったのはおきらくどらごんが最初
ふぁるこんは「ネバーエンディングストーリー」の犬龍から。
趣味 車、テニス、
もちろん XZ

XZライダーに復活したのは2004年。
実に18年ぶりの復活でした。
ウチの家紋  ウチの家紋。
 由緒正しきサムライの家系・・・かも知れない。
 
  
歴代愛車 バイク編 年式 コメント
現在(2007年1月) XZ400 飛龍(82年型登録済み) 車検切れ中
XZ550 玄龍(84年型登録済み)
FJ1200 玲龍(89年型修理中)
GX250 隼龍(年式不明レストア待ち) 
RX50SPL 1981年型 バイクというモノに目覚めさせてくれた不思議な乗り物。
 音以外は良かったなぁ・・・。
ヤマハのバイクのクオリティーの高さはこのバイクで初めて知った。
塗装の深さや各部のメッキの質感、質そのもの、それらはヤマハならではだと教えてくれた。
XZ400 1982年型 エポックと言わざるしてなんたるか・・・。
私に多大な影響を与えた偉大なる機械
今になってまたもや乗ろうと言う気にさせた初代XZ.
5年にわたり乗りまわし、最後は友達に譲った途端エンジンブローって言う壮絶な最後を遂げたヤツ。
置いておけば良かったと何度後悔したか・・・。不世出の真のGTツアラー。
 これがツーリングバイクofコンチネンタルのスタンダード。





CB50 不明 大学のバイク集団「単車闘士 井戸端会議」の後輩から貰ったゼロ半の名車。ストレートハンドルにバーエンドミラー、オリジナル塗装でオリジナリティーいっぱい。熊の曲乗りと言われた。
 よく回るエンジン、スリムでカッコいい車体。その反面、トルクのないエンジン、全く効かない機械式ディスクブレーキには閉口モノ。でも大好きな単車。
RZ250ソノートカラー 1987年型 比較的短命。
でも、多分最高の2ストローク戦士。
あの強烈な加速は今でも体に焼き付いている。
 あぁ、バイクの楽しさはこういう事だなと。。実感。
高回転で変わる身震いするような独特の音、。街乗り、そして肩の力の抜けたレーサー。
 ヤマハはそれをRZ−ismと呼んだ。
XV400ビラーゴブラックリミテッド 1989年型 只のアメリカン。XZのエンジンフィールを追い求めて完全にミスチョイス。
 XZの魅力はポジションにも有ったと再認識させられたバイク。ガソリンタンクが小さい事以外殆ど印象に残ってない。一時代前のXV400の方が良かったかも。
KLX250 不明 馴染みの単車屋から、不動車で貰ってきてキャブクリーナーであっさり復活。
 しかしその年の夏にこれで大事故。
 当時のヨメにオートバイ禁止を言い渡される。ちょと可愛そうなバイク。初めてのカワサキだった。オフ車は合わないなぁ・・・
JOG 不明 足代わり。半年ほどであっさり盗難。廃車。
TY125 不明 得意先からのもらい物。1,2度しか乗らずに廃車に。
 オフロードは性に合わないと確認。
TLR200 不明 これも得意先からのもらい物。
登録もせず、オフに1,2度出かけて・・・・。
歴代愛車達(2輪)

※左のタイトルをクリックすると自画像が表示されてしまうので注意!

初代XZにまつわる一言はこちらから