Page2

 さて、順調に始まったかに見えた牧場活動であるが、突如暗雲が立ちこめる。
この旧牧場の立ち退きがにわかに決まってしまったのだ。
 もともと、親会社の所有であるから、逆らえない。
 かなり長い時間をかけて一部を貸して貰えるように社長にと折衝したのだが不調に終わってしまった。
 5台のバイクと工具類、スペアパーツの引っ越し。どうすんのコレ。
それどころか引っ越し先も決まっていない。それって・・・どうよ。
 社長には2,3ヶ月の猶予を貰ってとりあえず新牧場を探す。
 とにかく貧乏ったれのふぁるこんは、そんなにお金も掛けられない。保証金は無いも同然だし。
それでもその間バイクをいじくることを辞めなかった。
 ある日、馴染みのバイク屋さんにタイヤ交換に行くと、「ウチ、倉庫として借りてるシャッター付き新築ガレージ、家賃8000円!安いやろ〜。」と言うのを聞き、値段に惹かれ、大家に空きがないか交渉して貰ったのだが、どうにも空きがなかった。
 その代わりと言っては何だが、一軒のガレージを紹介してくれた。
 家賃13000円。もちろんシャッター、鍵付き。
 大家さんと一緒に現場にいってみると、環境も良いし、一発で気に入り、契約。
本当は駐車場以外の用途に使ってはいけないのだが、大家合意と言うことで、バイクと工具のみでもいいと契約にしてくれた。

新牧場全景

NEXT PAGE (3)→→→GO

新牧場前にて。XZパラダイスメンバーさんの愛車XZ550と共に