XZ牧場

 文字を少々。
「XZ牧場」ってなんぞや!
 と思っておられる諸兄も多いと思う。
私がXZライダーに復活したのは去年11月の事。
 5月の末に今のどらごん号を見つけて手に入れるまで一ヶ月。
 その後整備に4ヶ月。
 そうしてベストの状態になるまでそこからちょうど半年。
一年がかりだった。
 その、修理〜復活までの拠点になった場所。それが牧場。

 これが当時の旧牧場の前なのであるが、実は私の経営していた工場の空き家である。
場所だけは結構広かったので、工具や、スペアパーツをストックしていく内に「部品取りのXZをヤフオクで落札しよう」・・・。となるのは当然の成り行きでその日からヤフオクの厳重チェックが始まった。そして。。
 昨年(2004)、12月最初にYSPカラーのネイキッド(兵庫県龍野市)、そして次の週、12月10日には書類付きの青白のXZ−D(後のふぁるこん号、写真左、神奈川県藤沢市)、岐阜のXZ乗りの先輩から書類付きフレーム。年が明けて今年の新年にはもう一台青白のXZーD(愛知県岡崎市) と、立て続けにXZの個体が増えていった。
 結局その時点で4台のXZを保有することとなり、ヤフーグループの「XZパラダイス」のメンバーさんから「XZ牧場」の名を頂いたのである。 

 これが当時の旧牧場内である。
手前が完成したてのふぁるこん。 真ん中がどらごん。一番奥が岡崎から持ち帰ったばかりのXZーDである。
 このDもジャンクと呼ぶにはもったいない個体であった。
 当時のXZ牧場はこの写真左手に大きなスペースがあり、作業場となっていた。そこにYSPカラーのXZがあった。

NEXT PAGE→→→GO!

Page1